topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

日暮高則のチャイナ・スクランブル

 
2016-04-27 当選から就任まで4か月余の台湾総統――十分な準備期間だが、国民党、中国の対抗も 日暮高則
2016-04-06 新華社、人民日報など中国の党系メディアの支配権めぐり指導部内の対立が表面化 日暮高則
2016-03-03 美容や工芸体験、爆買いの拡大という二極分化か−昨今の中国人訪日観光客の状況 日暮高則
2016-02-08 香港・銅鑼湾書店関係者の失踪事件は、習近平主席の女性関係暴露が原因なのか 日暮高則
2016-01-06 激しくなるPM2.5の大気汚染、人体への影響ばかりか経済的損失も膨大に 日暮高則
2015-12-22 習近平、王岐山の腐敗摘発キャンペーンいまだ止まず、江沢民氏が最終ターゲットか 日暮高則
2015-11-13 一人っ子政策緩和は労働力不足、老齢化、光棍族増大での社会不安阻止が背景に 日暮高則
2015-10-19 李嘉誠氏の中国不動産売却に、党系サイトが「売り逃げさせない」と”脅迫”論文 日暮高則
2015-09-24 天津の大爆発、1か月経つのに原因は明らかにされず−党内抗争絡みの事件説も 日暮高則
2015-08-28 宋楚瑜氏、台湾総統選出馬は自ら党首を務める親民党の
議席増が狙いか?
日暮高則
2015-08-04 中国の株価下落はバブル崩壊の兆候か、政治的な陰謀か 日暮高則
2015-07-14 中国は対ロシア蜜月を利用してシベリアの“旧領土”回復を目指すのか 日暮高則
2015-06-16 中国軍の南シナ海岩礁埋め立てで、米中のチキンゲームはどこまで行くのか 日暮高則
2015-05-07 中国の不動産不況で、次々打ち出される政策−頭金の減額から債権の証券化も 日暮高則
2015-04-28 腐敗キャンペーン続行で習近平国家主席が身の危険を感じ始めた? 日暮高則
<< Back 1 2 3 4 5 6 Next >> 


日暮高則
■日暮高則(ひぐらし・たかのり)/アジア問題ジャーナリスト
1973年、東京外国語大学中国語学科を卒業し、時事通信社に入社し、北京特派員、香港特派員を歴任。2003年から、フリーで中国・アジア関係の執筆活動をする傍ら、東京外国語大学、早稲田大学、千葉商科大学などで非常勤講師として現代中国論、国際関係論、中国語を講義。現在は、一般社団法人「日本・中国・ASEAN経済文化研究会」代表理事。主な著書としては、「ネクスト・チャイニーズ・リーダー胡錦濤」(風雅書房、1994年刊)、「1997香港 中国大衝突」(総合法令出版、1996年刊)、「沖縄を狙う中国の野心―日本の海が侵される」(祥伝社、2007年刊)。「趙紫陽―極秘回想録」(光文社、2010年刊)の監修も担当した。