topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

霞山会とは
ChineseEnglish
霞山会の事業

霞山会の沿革と目的および事業概要
理事長ご挨拶
霞山会の事業
霞山会の歴史
霞山会Q&A
情報公開
 1898年、19世紀末のアジア情勢に対処して「東亜の保全と輯協」を目的とした東亜同文会が設立されました。
 東亜同文会は1945年、わが国の敗戦により解散のやむなきに至りましたが、霞山会は、その東亜同文会の基本財産を引継ぎ、東亜同文会が上海に設立した東亜同文書院など諸学校の経営によって成し得た教育交流、調査研究事業等、日中交流の上に残した大きな実績と足跡を受け継ぐものとして、1948年に設立され、今日に至っております。
 当会は、わが国とアジア諸国・地域とくに中国との文化交流を通じてアジア諸国・地域民との相互理解と友好の促進を図り、アジアひいては世界の平和と安定に貢献することを目的として、以下の事業をおこなっております。

霞山会は次の事業を行います。
  1. アジア諸国・地域にかかわる留学生、研究者等の相互交流の促進及びその支援
  2. アジア諸国・地域にかかわる調査研究、図書の出版及び講演会、研究会等の実施
  3. 本邦及び海外における関係機関との連携
  4. 語学教育機関の運営
  5. 所有不動産の維持運営
  6. その他この法人の目的を達成するために必要な事業
その詳細は以下の通りです。


■研究者・留学生等の相互交流
中国の教育機関で日本研究に携わる研究者を招請、日本での研究活動を助成。日本人留学生を中国の大学へ派遣、日中両国の相互理解を深め、学術研究の促進に貢献する若手研究者の育成に努めている。

■学術研究交流
中国の大学・研究機関との学術研究交流を実施。人的交流の相互促進、シンポジウム、セミナーの共同開催、資料交換などをおこなっている。

■訪日団招請
中国の大学、教育機関で日本語教育に携わる中国人日本語教師を短期招請、日本の教育・研究機関、教育現場を視察。日本の教育・社会事情を理解し、中国での日本語教育の発展に資する事を目的として招請している。また、招請後一定年度を経過した研究者には再度来日の機会を提供し、日本の社会事情の理解に努めてもらうとともに日中相互の人的交流を促進する。

■霞山学生会
日中相互理解を促進するための人材育成という当会の基本理念に沿った大学学部生、大学院生を中心とした自主勉強会組織。当会の持つ中国・アジア研究の伝統と研究者の人的ネットワークを活かし研究会、講演会等を開催している。

■出版
【中国・アジア専門誌『東亜』】
1978年以来、中国・アジアの事情を豊富な情報、正確な分析、公正な論評を通じて紹介する月刊誌。月刊 B5版 平均100頁。
【その他出版物】
中国研究論叢(年1回発行)、交流通信(中文、年4回発行)、ニューズレター(年2回発行)、霞山学生会論集(年1回発行)

■講演会
【午餐講演会】
毎月、各分野の第一線で活躍する専門家を講師に迎え、今知りたい中国・アジアの重要課題をわかりやすく解説する。
【シンポジウム】
国内・国外シンポジウムを適宜実施。国内では日本各地の大学、機関との共催でシンポジウムを開催している。国外シンポジウムとしては、中国との大学・研究機関との共催シンポジウムを開催。時宜にあったテーマを 日中双方で協議し実施している。

■東亜学院
1964年に開始した中国語講習会を発展させ、1967年に東亜学院を設立した。現在、中国語学校と日本語学校からなっている。
【中国語学校】
教育理念は「ビジネス等の実社会で役立つ中国語の修得」。企業並びに官庁からの派遣生および中国留学予定者向けの「実用中国語6か月速成」講座をはじめ、「入門」から「応用」まで幅広いレベルの夜間講座、「土曜に学ぶ中国語」講座、「朝一番の中国語」講座、出張レッスン等多様な時間帯の多彩な講座を開講している。
【日本語学校】
1999年11月法務大臣より設置認可を受け2000年4月開校し、2005年8月各種学校認可を受ける。教育理念は「国家・地域間の交流に役立つ人材育成」。来日する中国人学生は日本の大学、大学院等への進学を希望。4月生(1年コース・2年コース)、7月生(1年9か月コース)および10月生(1年半コース)の年3回入学。
東京都葛飾区と埼玉県越谷市に本学院学生寮を所有し、低廉な費用で良質な住居を学生に提供している。

■ビル事業
【貸会議室(霞山会館ビル/霞が関コモンゲート西館)】
霞が関コモンゲート西館37階に貸会議室「霞山会館」を2007年10月リニューアルオープンし、65㎡〜291㎡の会議室、9室を運営している。
【テナント(霞山会館ビル/霞が関コモンゲート西館)】
2007年9月に完成した「霞が関コモンゲート西館」35〜37階事務所フロアと、1〜2階店舗フロアの一部を所有し、テナントリーシングをおこなっている。
【赤坂霞山ビル】
当会本部機能を置く「赤坂霞山ビル」の維持管理と、一部フロアをテナントリーシングしている。
【学生寮】
東亜学院日本語学校学生向けの寮、2棟の維持管理をおこなっている。