topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

Link… 中国研究論叢Top

中国研究論叢

『中国研究論叢』 目次

2008年 第8号
巻頭言 村田雄二郎
●論説
地域経済発展の「義烏モデル」に関する一考察
?雑貨卸売市場と産業集積の視点から?
林 松 国
「専門市場」から見た中国の産業発展
?周辺性と生産財に注目して?
伊藤亜聖
マックス・ウェーバーとアジアの近代化 土田 正
●研究ノート
清末上海水道の普及政策を巡る一試論 菊池智子
労働英雄運動の誕生と展開
?呉満有運動を例に?
藤原裕子

2007年 第7号
巻頭言 井尻秀憲
●論説
統戦工作下の「陳若曦評価」に関する考察
?1977年を中心として?
許 菁 娟
在華紡の福利施設
?内外綿上海工場の事例を手がかりとして?
芦沢知絵
中国労働市場における派遣労働の果たす役割
?中国シンガポール蘇州工業園区を事例として?
山根弘子
中国における農民工子女の教育機会に関する優遇措置
?2003年以降における上海市の各区政府を事例として?
植村広美
上海市における人口高齢化と高齢弱者への対応策 馬 利 中
●研究ノート
中国・中小企業の諸特徴
?専修大学オープン・リサーチセンター整備事業の成果にもとづいて?
駒形哲哉

2006年 第6号
巻頭言 安田 淳
●論説
初期アジア主義の政治史的考察
?日本と中国の間?
嵯峨 隆
日米同盟の強化と日米中関係 阿部純一
新蔡楚簡における「文」字について 塚越千史
●研究ノート
カラハン朝の起源について 阿提拉斯馬依

2005年 第5号
巻頭言 国分良成
●論説
1962年中国の「三和一少」提案と「備戦整軍」
?台湾海峡危機と米ソ印「連合戦線」をめぐって?
町田悠子
法の現代化と中国型≪法治≫論 河村有教
義務教育および成人識字教育の普及における地方、民間の役割
?中国西部地区における「両基」達成のための取り組みを中心として?
楠山 研
日本における『老子』思想の研究の近代的展開 郭 永恩
中国の対米政策の変化 1972-1978
?台湾問題と貿易問題の政策プライオリティの視点から?
山影 統

2004年 第4号
巻頭言 佐々木信彰
●論説
中国の大量破壊兵器不拡散への対応
?米中関係からの視点?
阿部純一
中国共産党と人民代表大会との間の領導・被領導関係の実態
?第十期全国人民代表大会香港特別行政区代表選挙を事例として?
加茂具樹
近代浙江省における教育事業の展開と地方知識人集団の形成 小川 唯
中国共産党による公営企業の接収過程
?重慶における「省・市銀行」を例として?
林 幸司
中国の漸進的改革における普遍的シークエンシング
?中国の改革開放とソ連のペレストロイカの比較から?
目片芽輝
●研究ノート
中国・中小企業の発展と中小企業政策の展開 駒形哲哉
中国語学習に関するアンケート調査レポート 沈 ?

2003年 第3号
巻頭言 小島朋之
●論説
中国におけるダム計画と住民移転政策の変遷 浜本篤史
清朝による木材調達の一側面
?清朝前期の例木制度?
相原佳之
民国期の女子教育と家庭改革
?一女性教員の歩みを通して?
杉本史子
漢字音訳によってモンゴル語を記した明代のいくつかの資料について
?研究序説?
更科慎一
わが国中小企業の対中進出と日中共生の可能性
?製造業11社の事例検討?
駒形哲哉

2002年 第2号
巻頭言 山田辰雄
●論説
対外開放政策決定期における経済発展モデルの探究
―資本主義的要素の選択と正当化―
下野寿子
上海の住宅開発と住宅市場の現状
中岡深雪
急速に情報化する現代中国社会 杉崎利香
Folkloreをめぐって
―『語絲』と江紹原を中心に―
子安加余子
川西走廊諸語概観
―記述の歴史と現在の姿―
白井聡子
●資料
中国における中小企業政策と企業改革
―北京、天津の事例から―
駒形哲哉

2001年 第1号
巻頭言 岡部達味
●論説
民国期地方行政の一側面 滝田 豪
過渡期にある中国財政制度改革 高屋和子
排汚費徴収制度改革の展望
?総量排汚費徴収制度試点工作の分析を通して?
桜井次郎
近代中国知識人と日本女性像
?中国文学に描かれた性的な日本女性?
中村みどり
民国知識人の文化学構築の試み
?20年代末から30年代半ばを中心に?
中村元哉
中国における河上肇研究
?1979年以後を中心に?
三田剛史
曲韻七聲考略 いしゐのぞむ