topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
霞山学生会
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

中国マクロ経済分析><br>
<img src=
2016-05-17 マクロ経済動向分析 4月
中国経済に下げ止まりの兆し?

慶應義塾大学 駒形研究会
 2016 年度第 1 四半期の国内総生産(GDP)伸び率は、前年同期比 6.7%増と、石炭鉄鋼業界の過剰な生産設備などが響き 7 年ぶりの低水準となった。しかし 3 月単体では消費者物価指数や工業付加価値生産額、輸出入の伸びは大幅に上昇し、消費者物価指数は高水準を維持するなど回復の兆しも見えた。さらに AIIB と世界銀行が協調融資枠組みに初の合意に至り、またギリシャ最大港を買収し投資は拡大している。人民元の下落圧力が一時的に緩み、ドルを売って元を買う為替介入が減ったため外貨準備高も 5 ヵ月ぶりに増加した。

【2016年4月中国マクロ経済動向分析_Word】※PDF(.pdf)が開きます。
【2016年4月中国マクロ経済動向分析_PowerPoint】※PDF(.pdf)が開きます
【中国統計データ2016年4月_Excel】※エクセル(.xlsx)が開きます。