topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
霞山学生会
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

中国マクロ経済分析><br>
<img src=
2017-05-18 マクロ経済動向分析 4 月
政府主導のインフラ投資が成長押し上げ

慶應義塾大学 駒形研究会
 2017 年第 1 四半期の GDP は 6.9%増と、政府の目標を大きく上回る実績となった。この背景には党大会を前にした地方政府の指導者らが実績を上げるために積極的にインフラ投資等を行ったことが挙げられる。
 現在地政学的リスクが高まっており、それにより株価などにも影響が出ている。周辺国との関係に困難が立ちはだかる一方で、消費生産、資源の分野などで相互に依存関係にある米国から対米国貿易における巨額の貿易黒字の是正も要求され、中国を悩ませている。

【2017年4月中国マクロ経済動向分析_Word】※PDF(.pdf)が開きます。
【2017年4月中国マクロ経済動向分析_PowerPoint】※PDF(.pdf)が開きます。
【中国統計データ2017年4月_Excel】※エクセル(.xlsx)が開きます。