topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
霞山学生会
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

中国マクロ経済分析><br>
<img src=
2017-04-19 マクロ経済動向分析 2-3 月
全人代閉幕、課題抱えた「安定成長」実現

慶應義塾大学 駒形研究会
2016 年 GDP は 6.7%増と政府の目標(6.5-7.0%)は達成したが、6 年連続の減速となった。 実情としては、民間投資が振るわない中で財政出動と金融緩和を通じて何とか達成した形 となった。ただし、GDP の増加額は過去最高を記録した。
全国人民代表大会が 3 月 15 日に閉幕した。2017 年の成長目標を 6.5%前後とし、2016 年の 6.5-7.0%増から引き下げた。また、2016 年に続き、生産能力削減を供給側構造改革の 中で最優先に取り組むべき任務であると位置づけた。1-2 月の中国経済は製造業や投資の伸 びが堅調であった一方で、内需は依然盛り上がりを欠いている。

【2017年2-3月中国マクロ経済動向分析_Word】※PDF(.pdf)が開きます。
【2017年2-3月中国マクロ経済動向分析_PowerPoint】※PDF(.pdf)が開きます。
【中国統計データ2017年2-3月_Excel】※エクセル(.xlsx)が開きます。