topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

Topics & News
Topics & News 一覧
【更新】独立への希望の古城 竹森紘臣
2018-02-15

ベトナムにはおおくの伝説や昔話がある。そのひとつの建国の伝説によるとベトナムの歴史は5000年前からはじまる。文郎国とよばれる国が紀元前2897年に興ったという。その国の王は貉龍君(ラック・ロン・クアン)と嫗姫(オウ・コー)という国生み伝説の神の子供であるといわれており、ベトナム人の間では建国の王、雄王(フンヴォン)として親しまれている。現在のフートー県にその拠点が置かれていた。文郎国は18代目まで続いたが、紀元前2世紀ごろに中国の秦の侵攻を防ぎきれずに滅亡してしまう。そのとき文郎国の国民の一部が指導者、蜀泮(のちの安陽王)を擁立し甌雒(オーラック)国を建国した。現在のハノイ北部に位置するドンアイン県に拠点を構えて、秦の更なる攻撃を防ぐために建設された城が古螺(コーロア)とよばれる城で、ベトナムで最古の城といわれている。螺(たにし)のように螺旋を描く城壁が特徴で螺城とよばれていた。

続きは<こちら>からどうぞ。



Topics & News 一覧