topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

霞が関コモンゲート西館(霞山会館ビル)

エントランス

中央広場に面したエントランスホール


<イメージ図>


<イメージ図>

霞山会館へのアクセス

霞山会フロアへは高層階専用の24人乗り4基の高速エレベーターが設置されます。
停止階:B2F, 1F, 2F,32〜37F
速 度:360m/分

エントランスとそれに続くエレベーターホールは、官庁用と民間用を別個に設けることで導線の分離を図り、独立性の高い設計となっています。
車寄せも、民間用はB2階、官庁用はB1階と完全に分離し、官と民の区別を明確にしました。
lounge_00.jpg

 霞山会館は、新宿高層ビル群、国会議事堂、皇居、丸の内オフィス街など、東京そのものを一望する霞が関コモンゲート西館の最上空間(地上37階)に位置します。国際会議、パーティー、セミナー、ご会食、インターネット設備など、多目的にお使いいただける大小のスペースをご用意し、皆様をお待ち申し上げます。

<霞山会館の詳細はこちらから>

 全体概要
所在地
  東京都千代田区霞が関三丁目2番地1〜4号
敷地面積
  24,232m²(約7,330坪)※街区全体
延床面積
  253,424m²(約76,660坪)※街区全体
竣工予定
  2007年9月
設計
  久米・大成・新日鉄エンジニアリング設計共同企業体
施工
  大成・新日鉄エンジニアリング・日本電設・三菱重工業建設共同企業体

 霞が関コモンゲート西館(霞山会館ビル)概要
■建築概要
構造
  地上S造・地下SRC造+RC造(一部S造)
  座屈拘束ブレース材を用いた制震構造
階数
  地上38階 地下3階
地上高
  175m
延床面積
  108,770m²(約32,902坪)
貸室面積
  26,205m²(約7,927坪)
エレベーター
  24人乗23台、17人乗1台、26人乗1台
駐車場(民間部分)
  B1F・B2F 合計123台(機械式・自走式)

■設備概要
電力引込
  特別高圧66kVループ受電方式
非常用発電機
  ビル側 1,750kVA(ガスタービン)
  テナント用 500kVA×1台 B3Fに設置スペース確保(主燃料タンク22,500L確保)
通信
  光及びメタルケーブルに対応(光ケーブルは空配管対応)
  引込配管は霞が関コモンゲート西館(霞山会館ビル)共用設備として10本×2方向確保
  事務室内の局線数は0.1回線/m²
空調熱源
  ガスエンジンCGS、貫流ボイラー、ガス焚冷温水発生機、ターボ冷凍機
排気対応
  各階に排気用チャンバーを確保

【ページのTOPへ】