topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

日暮高則のチャイナ・スクランブル

 
2015-05-07 中国の不動産不況で、次々打ち出される政策−頭金の減額から債権の証券化も 日暮高則
2015-04-28 腐敗キャンペーン続行で習近平国家主席が身の危険を感じ始めた? 日暮高則
2015-03-19 中国人の日本製品“爆買い”を分析する国内メディア−品質格差を素直に認める 日暮高則
2015-02-24 中国で西洋価値観否定のキャンペーン開始―学者らは「文革の再来」と恐怖感 日暮高則
2015-02-03 香港経済界の大御所李嘉誠氏、大陸ばかりか香港離れも−中国当局の介入に嫌気か 日暮高則
2015-01-22 胡錦濤前主席の股肱の臣、令計画氏がなぜ反習近平クーデター計画に与したか 日暮高則
2014-12-16 喜劇タレント趙本山氏への冷遇は、芸能界にも“政治的な風”到来の兆しか 日暮高則
2014-11-18 長期不動産低迷で中国人民銀行がテコ入れ策、それでも下落傾向は止まらない状況 日暮高則
2014-10-14 アリババの馬雲会長、ニューヨーク上場で金持ちになるも、政治的対立の渦の中に 日暮高則
2014-09-18 王岐山氏の「大トラはまだいる」示唆発言で、注目される次の調査対象者はだれか 日暮高則
2014-08-22 日本は依然、レアアースを中国に依存していた−内モンゴル包頭訪問記 日暮高則
2014-08-05 スイス、米国の銀行口座情報公開で、中国幹部、富裕層の金の持ち込み先がなくなった 日暮高則
2014-07-10 蘇栄政協会議副主席、徐才厚前軍事委副主席の摘発で、周永康氏刑事訴追は近いのか 日暮高則
2014-06-18 本来好況であるべき5月の中国不動産市場低迷は、バブル崩壊の兆候か 日暮高則
2014-05-26 香港繁華街道端での“幼児放尿事件”をめぐり、
またまた中港間の対立激化
日暮高則
<< Back 1 2 3 4 5 6 7 Next >> 


日暮高則
■日暮高則(ひぐらし・たかのり)/アジア問題ジャーナリスト
1973年、東京外国語大学中国語学科を卒業し、時事通信社に入社し、北京特派員、香港特派員を歴任。2003年から、フリーで中国・アジア関係の執筆活動をする傍ら、東京外国語大学、早稲田大学、千葉商科大学などで非常勤講師として現代中国論、国際関係論、中国語を講義。現在は、一般社団法人「日本・中国・ASEAN経済文化研究会」代表理事。主な著書としては、「ネクスト・チャイニーズ・リーダー胡錦濤」(風雅書房、1994年刊)、「1997香港 中国大衝突」(総合法令出版、1996年刊)、「沖縄を狙う中国の野心―日本の海が侵される」(祥伝社、2007年刊)。「趙紫陽―極秘回想録」(光文社、2010年刊)の監修も担当した。