topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

2011年韓国

 
2013-01-24 第18代大統領選挙(2)―文在寅の矛盾
2012-12-26 第18代大統領選挙(1)―朴槿恵の勝因
2012-11-26 安哲秀の決断―その背景と思惑
2012-10-26 安哲秀出馬宣言―“世論調査選挙”の行方
2012-09-18 与野党の公認候補決定と安哲秀
2012-08-27 李明博大統領の竹島訪問と大統領選挙
2012-07-25 ポスト総選挙と“安哲秀待望論”
2012-06-27 総選挙の“結果”と大統領選挙
2012-05-25 野党民主統合党の敗因
2012-04-26 セヌリ党単独過半数―朴槿恵の勝利
2012-03-23 既存政治への不信と韓国政治の新たな潮流
2012-02-27 李明博政権と理念対立の再燃
2012-01-25 「保守」・「進歩」の理念対立
2011-12-26 “経済大統領”の背信
2011-11-26 “トップセールス”の成果と“ポークバレル”の報い

2 Next >> 

■奥薗秀樹(おくぞの ひでき)/プロフィール:
韓国延世大学校大学院政治学科留学後、広島大学大学院社会科学研究科修了。NHK記者として朝鮮半島関連取材多数。広島国際学院大学、韓国東西大学校国際学部助教授等を務めた後、現在、静岡県立大学大学院国際関係学研究科准教授、同現代韓国朝鮮研究センター研究員。2004年から一年間、月刊誌『東亜』(霞山会)で「朝鮮半島の動向」(韓国)を担当。

【主な論文】
「朴正煕のナショナリズムと対米依存―『軍事革命政府』による『自立』の追求」(『国際政治』第126号、日本国際政治学会、2001年)、「『北朝鮮問題』と日本外交―小泉訪朝をめぐって」(菅英輝編『朝鮮半島 危機から平和構築へ』社会評論社,2004年)、「盧武鉉政権と米韓同盟の再編」(『国際安全保障』第33巻第3号、国際安全保障学会、2005年)他。
【学会発表】
「米韓同盟の再編と盧武鉉政権の『自主』路線」(「東アジア」分科会、日本国際政治学会2006年度研究大会)、「再考 盧武鉉時代の米韓同盟」(「東アジア」分科会、日本国際政治学会2009年度研究大会)他。