topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

Topics & News
Topics & News 一覧
【更新】二人っ子政策も止め、出生の完全自由化へ動くのか・・・(上)日暮高則 
2021-01-15

中国では今、二人っ子政策さえ見直す動きが出ている。もともと一人っ子政策が1980年から長い間進められてきたが、2016年にすべての夫婦に二人の子供まで認めるよう方針転換が図られた。社会科学院などが将来予測をしたところ、将来老齢層が増える一方、労働人口が減少するなど人口構成がいびつになることが分かったからだ。ただ、二人っ子に転換して5年経っても依然、出生率は上がらない。現在の若者世代では、西洋先進国のように多産を望まない風潮になっているからだ。これは、長い間の一人っ子政策で少数家庭が常態化したことや、子供の養育費が増大し、育てにくくなったことが背景にある。そんな中、昨年秋、社会科学院から出された論文で「子供の数は各家庭の恣意に委ねるべきだ」という「家庭自主生育(出産)」という考え方が示された。こうした論文が党の支配下メディアで報じられたところを見ると、近い将来、子作りは“完全フリーハンド”の方向に舵が切られる可能性が大きい。

続きは<こちら>からどうぞ。



Topics & News 一覧