topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

Topics & News
Topics & News 一覧
【更新】路上の変容 竹森紘臣
2019-07-24

日本は来年2020年の東京オリンピックに向けて大いに盛り上がってきている。建設中の新国立競技場は外側の工事足場が外されて、外側からその様相を確認することができる。2020年東京でオリンピックが開催される年の4月に、ベトナムのハノイではF1レースが開催される予定だ。チケットの販売が開始されたとニュースで聞いたが、日本のオリンピックチケットほどの盛り上がりはないようだ。レースコースはすでに発表されており、ハノイ西南に位置するミーディン新市街地の路上を走るコースだが、まだピットなどの建設は行われていない。それにしてもベトナムで、ハノイで、F1レースが開催されるというのは、5、6年前のベトナムの状況からすると隔世の感を禁じえない。現在でもバイクが庶民の主な移動手段ではあるが、数年前と比較してハノイ市内の自動車の量は格段に増えており、以前にもまして交通渋滞が社会の問題になっている。駐車場の問題も深刻になりつつある。今までは比較的広い道路や交通量の少ない通りの路肩が駐車スペースとして利用されていること多かった。しかし最近では機械式やコンドミニアムの地下を利用した立体駐車場のビジネスが本格的に始まっている。自動車産業でいえばVinグループというベトナム最大のコングロマリットがベトナム国内初の自動車会社、VinFastを2017年に設立した。先日試験的にハノイ市内の路上を走行しているところを見かけた。F1レースを主催するベトナムグランプリ(Vietnam Grand Prix)社もVinグループ傘下であり、つまり今回のハノイでのF1レースはVinFastのプロモーションなのだ。ベトナムはこれまでより車中心の社会に大きく舵を切ることになりそうだ。それにともなって、ベトナムの路上空間は大きく変わりつつある。

続きは<こちら>からどうぞ。



Topics & News 一覧