topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

Topics & News
Topics & News 一覧
【更新】中国のお笑い界の新スターおかしな歌で・・・(下) 戸張東夫
2020-10-28

<岳雲鵬、春節聯歓晩会で人気スターに>
岳雲鵬は1985年河南省濮陽市の農家に生まれる。岳に加えて五人の姉と弟一人の七人兄弟だった。貧しかったため学費が払えず中学校を泣く泣く中退、姉の一人と仕事を探しに北京へ出て農民工として様々な仕事を経験した。2004年紹介する人があって郭徳綱の弟子になり郭の主催する徳雲社に参加、相声を学ぶ。わずか1年後に初舞台を踏んだというから相当の努力家なのであろう。2015年には中国中央電視台の春節聯歓晩会(旧正月年越しバラエティ―ショー)に初めて出演、孫越を相手に「我忍不了(これが黙っていられるか)」を語った。これは毎年春節(旧正月)の大晦日夜から元旦にかけて放映されるバラエティー番組。NHKの紅白歌合戦の中国版である。相声はこの番組には欠かせない出し物になっている。またこの番組に出演すれば一人前の相声演員(芸人)とみなされる、相声芸人にとっては極めて重要な番組なのである。岳も前例にたがわずこれを機に押しも押されもせぬ芸能界のスターとなり、相声だけでなく映画やテレビで活躍することになった。自作の「五環路の歌」が人気の後押しをしたことは言うまでもない。岳が相声の中で初めてこの歌を披露したのは2011年で、その後プロの歌手が歌ったこともあり、多くのファンに支持されていた。だがおそらく岳とこの歌を大ブレイクさせ、ブームに火をつけたきっかけは2015年7月作られた喜劇映画の挿入曲として岳の歌うこの歌が使われたからだと思う。岳と「五環路の歌」のブームはそれ以来というから大変なものだ。この調子でいくとこのブーム新型コロナウイルスのパンデミック以後まで生き延びるかもしれない。

続きは<こちら>からどうぞ。



Topics & News 一覧