topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

Topics & News
Topics & News 一覧
【更新】中国は海洋大国を目指す? (上)  戸張東夫
2020-07-09

アジア太平洋地域は西太平洋、東シナ海、南シナ海を含む北は日本列島から朝鮮半島、中国を経て南はフィリピン、インドネシアあたりまで広がる海洋だが、南シナ海を中心にこのところ中国の動きが活発になっているという。ちょうど世界中の国々が新型コロナウイルスへの対応に追われている時期だったことから、その隙を突いたのだとも言われた。我が国の河野防衛相は「コロナの危機の中で、中国が力を背景にした一方的な現状変更の試みをしていることは絶対に許せない」と危機感をあらわにしている。
この海域には尖閣諸島、台湾、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島、パラセル(西沙)諸島というアジア太平洋地域の平和と安定を脅かすホットスポットがあり、中国がすべてのホットスポットで領有権や統一を主張して周辺諸国と争っている。いままた中国は周辺諸国をはじめ欧米諸国の反対を押し切ってスプラトリー諸島とパラセル諸島の軍事基地化を進めている。河野防衛相が「力を背景にした一方的な現状変更の試み」といっているのはこのことだ。米国の専門家は「中国が取っている行動の多くは、西太平洋に支配を確立するために計算されたものに見える」と評している(『ニューズウィーク日本版』2020.6.30、24頁)。では以下に中国の活発化した動きの実態と背景を見てみよう。


続きは<こちら>からどうぞ。



Topics & News 一覧