1. HOME
  2. 記事・コラム一覧
  3. 講演会・セミナー
  4. 「大国中国と日本―中国をどう捉え、いかに向き合うか」

記事・コラム一覧

「大国中国と日本―中国をどう捉え、いかに向き合うか」

「大国中国と日本―中国をどう捉え、いかに向き合うか」

8月5日(月)東亜フォーラム(特別編)
大国中国と日本―中国をどう捉え、いかに向き合うか

 

【プログラム】

 

この四半世紀ほどの間に、日本からみえる中国の姿は大きく変容した。この間、私たちは、中国の変容をどこまで的確に捉えることができたのだろうか。過去に描いた中国の将来像と、いま目にしている現実の姿とはどのように異なり、またなぜ異なるのだろうか。そしていま、中国の現状と、その向かう先をどのように捉えるべきだろうか。

本フォーラムは、内政、経済、外交、軍事、台湾を含む多角的な視座から、とりわけ2000年代後半から現在を焦点に、中国がどのように変容してきたかを再検討し、その現在地を捉え、将来を見通す。そして、既存の国際秩序がもたらす平和と繁栄を維持する観点から、日本は中国といかに向き合うべきかを討論する。

日 時

2024年85() 14:00-17:30

場 所

霞山会館・霞山の間

会 費 

一般:1,000円(消費税含む)
学生:無料 ※学生証を必ずお持ちください。

 

14:00-14:10 挨拶:阿部純一 一般財団法人霞山会 理事長

14:10-14:50 基調講演:加茂具樹 慶應義塾大学総合政策学部教授

15:00-16:50 パネルディスカッション:
         飯田将史 防衛省防衛研究所理論研究部長
         駒形哲哉 慶應義塾大学経済学部長・教授
         佐野淳也 日本総合研究所調査部主任研究員
         福田 円 法政大学法学部教授
         増田雅之 防衛省防衛研究所地域研究部中国研究室長

16:50-17:20 全体討論

17:20-17:30 総括:大橋英夫 専修大学経済学部教授

■お申し込みフォーム

タグ

全部見る