1. HOME
  2. 記事・コラム一覧
  3. 受講生の声
  4. 苦に感じなかった「中国語漬け」の日々

記事・コラム一覧

苦に感じなかった「中国語漬け」の日々

苦に感じなかった「中国語漬け」の日々

私は、9月から北京に留学することになり、留学までの期間に中国語の基礎を学びたいという思いから、この実用中国語6か月速成講座を受講することに決めました。私は、中国語の学習経験はほぼゼロでしたが、授業は基礎の発音練習から始まり、文法、語彙力のアップというように段階を踏みながら徐々にレベルアップしていく内容となっていたため、スムーズに学習することができました。

授業の形式は、午前は文法ポイントの説明、午後はポイントを使った実践的な会話練習となっていました。会話は、実際の場面を想定しての練習が多く、すぐに使えそうなものばかりでした。講師は午前午後、曜日で異なり、それぞれの講師によって授業の進め方も様々でメリハリがあり、毎日集中して授業を受けることができました。授業後や昼休みには、同じ校舎の日本語学校の生徒との交流や、開放されている教室を使って自習ができ、学習の環境が整っていました。すぐ近くに多くの中国人がいることで、実際の中国での生活の様子や文化についても知ることが出来るのも東亜学院の魅力の一つだと思います。また、日々の授業に加え、文法のポイントをおさえた暗唱課題や、朗読大会、弁論大会があり、担当の講師が1対1でそれぞれの生徒に細かい発音指導をして下さいました。

生徒のほとんどは中国での仕事や留学が控えており、すぐ目の前に明確な目的や目標があるためとても熱心に学習し、お互いに意識しながら高め合えるため、とても良い刺激となりました。また、卒業してからも、共に勉強した仲間が同じ中国にいると思うととても心強く、これからも連絡を取り合える仲間ができたことを大変嬉しく思っています。

受講が始まってからの期間、私はまさに「中国語漬け」の日々を送ってきました。しかしそれを苦に感じずに、毎日楽しく学べたことには、講師の方々の授業への工夫や、クラスメートがいたということが大きく影響していると思います。この講座のおかげで、私は中国語の学習について意欲がますます高まっています。これから私は北京に留学に行きますが、更なるレベルアップをめざして積極的に学習に励みたいと思っています。

(20代女性)

タグ

全部見る