1. HOME
  2. 記事・コラム一覧
  3. 受講生の声
  4. 目的に合ったクラスで仲間とともに 

記事・コラム一覧

目的に合ったクラスで仲間とともに 

目的に合ったクラスで仲間とともに 

こんにちは。私は現在、OA機器設計の仕事をしており、今年48歳です。

私が東亜学院夜間講座を選んだ理由は、勤務先の中国語研修の先生が東亜学院の先生だったこと、習得したいレベルに応じたクラスが多数用意されていること、通勤途中に受講できるからです。あと、会社の研修ですと同じクラスで習得レベルにあまりに差があると、受講生同士が不幸になることがありますが、通学ですと自分の学習の目的、目標に合致したクラスを選ぶことができることも理由の一つでした。クラスの選択には、先生が私の目的、目標、レベルに鑑み2つのクラスを選んでくださり、講師の教え方、クラスの雰囲気(受講生の授業中の会話など)に着目して体験授業を受けてから決めてはどうかとアドバイスをくださいました。少なくとも半年は一緒に勉強するのですから、雰囲気が合致するかは重要とのことでした。私は両方のクラス共受講生のレベルが高く、仲間に入れて頂くことで私の中国語レベルが高くなると確信し、2クラス受講を考えましたが、会社のノー残業デーと合う、ピンインのない教科書という理由で現在のクラスに決めました。

私のクラスは、週末の出来事を中国語で発表し、宿題(定型文の暗記)の発表、音読(とにかく沢山声をだして読まされます)という流れで学習します。教科書の進み具合はゆっくりです。発音と定型文をじっくり学習するからです。だからこのクラスは発音(特に四声)に関しては厳しくコテンパンに指導されます!私はC-POPが好きだから特に四声が苦手。毎週、毎回、一行一句読む度に注意されます。あまり頻繁に注意されるので少しへこみますが、他の受講生は綺麗な発音をする。綺麗な発音の受講生に聞くと、「このクラスで始めた頃は同じようにコテンパンに指導されたので我慢すべし」ということなので、我慢していたら、いつのまにか1年が経ってしまいました。私は相変わらず発音が苦手の部類ですが、先生曰く「最近少し良くなった」らしいです。そういえば、授業中注意される回数が、いつの間にか半分くらいに減りましたから、もう少し頑張ってみようと思っています。楽しいこともあります。区切りのよい時にクラスで食事会をすることがあり、20代から人生の大先輩迄色々な職種の受講生と情報交換できる。これがまた楽しいのです。

ところで、皆さんは何故中国語を勉強するのでしょうか?仕事、旅行、検定…等等、目的、目標があるでしょう。私が中国語を学ぶきっかけは「中国出張で同行した、中国語をソコソコ喋れる日本人にコケにされた」からです。私が中国の工場に依頼した仕事がよっぽど気に入らなかったのか、相手に翻訳する時に変な感情を入れられてしまいました。その後の中国側の視線や態度が明らかに冷たかった。その瞬間、「気死了(腹が立ってしょうがない)!中国語を勉強しよう。中国で仕事をするなら自分で喋らなければダメだ。そしていつの日か私を馬鹿にした日本人を見返してやる!」という目標になったのです。

中国語を勉強しているとスランプに陥ります。漢字を知っている私達が中国語検定3級くらいになると、「読み書き」は大体できるようになり、仕事で中国人とメールでキャッチボールできるくらいになります。しかし「喋れない、聴こえない」というスランプに陥ります。そういうときにこそ、目的、目標を再確認してみてはどうでしょうか?目的、目標を明確にしておけばスランプを脱出しやすくなりますし、なにより東亜学院があなたにピッタリのコースを選んでくれますよ。

ところで、私の目標は達成できていません。中国の現場で中国語で仕事ができるようにはなりましたが、私をコケにした日本人は中国駐在になり、私の中国語では到底足元にも及ばなくなってしまったからです。そんな理由で、私はまだまだ中国語を勉強しなければならないのです。

まとまりのない文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。皆さん、一緒に頑張りましょう。
(40代男性)

タグ

全部見る