topics & News to Home
霞山会とは
月刊『東亜』
講演会・シンポジウム
中国への研究留学
日本への研究留学
東亜学院中国語学校
東亜学院日本語学校
日中交流
霞山会館
交通案内
各種お申し込みForm

■中国マクロ経済分析
 慶應義塾大学駒形研究会

■霞山学生会
■リンク集
■サイトマップ
一般財団法人霞山会
東京都港区赤坂2-17-47
赤坂霞山ビル
TEL.03-5575-6301
FAX.03-5575-6306

チャイナ・スクランブル

芸能人いじめ、芸能界の統制は文化大革命の再来か−「共同富裕」が目的?権力闘争説も(上)
2021-09-14. 日暮高則
数々の映画に出演し、栄誉に輝いた中国の人気女優、趙薇さんのSNS「ウェイボー」アカウントが8月下旬、突然削除され、テレビの出演番組も降ろされ、本人も消息不明となった。このほか数人の芸能人が同様にアカウントを失い、テレビ画面から姿を消した。上海市税務局は8月27日、これまた人気女優である鄭爽さんに対し、税収徴収管理法などに違反したとして滞納金も含めて3億元近い罰金を支払うよう命じた。こうした動きのあと、党中央宣伝部は9月2日に通知を出し、芸能界の統制に乗り出す姿勢を明確にした。習近平指導部は今、経済格差是正を求めて「共同富裕」の実現をスローガンに掲げており、一罰百戒的な意味で、法外な高額ギャラを取る芸能人を槍玉に挙げ始めたようだ。IT産業への圧力ばかりでなく、文化や娯楽の方面まで統制を強めてきたことに対し、毛沢東時代を知る人たちは「文化大革命の再来ではないか」と恐怖心を募らせている。

<人気女優、趙薇への圧力>
趙薇(ビッキー・チャオ)さんは中国では超一級の有名タレントだ。1976年、安徽省の長江河畔の都市蕪湖市生まれで、今年45歳。有名監督の謝晋氏に見いだされ、テレビドラマで主演を張り、その後に北京電影学院で演技を磨いた。中央電視台(国営中央テレビ)制作のドラマ「情けは深く、雨はそぼ降る」に出て決定的な支持を受け、このあと香港で興行収入最高記録を作った周星馳主演の映画「少林サッカー」や三国志を題材にした「レッドクリフ(赤壁)」にも出演し、趙薇の名は中国にとどまらず、アジア、さらには世界中に広まった。映画のプロデューサーや監督も務め、2013年に出した初監督作品の「小燕子」は中国興行収入の最高記録を作ったと言われる。夫は実業家の黄有龍氏で、夫妻は中国の富豪ランキングの高位に入っている。

趙薇さんは8月25日、「王牌対王牌(エース対エース)」というテレビの有名バラエティー番組に出演予定していたが、突然キャンセルされ、翌日にはウェイボーのアカウントも閉じられた。ネットではこの前後から、「趙薇は当局の審査を受けている」とのうわさが流れた。彼女は2003年、日本の旭日旗をデザインした柄のワンピースを着てファッション雑誌に登場したため、当時の小泉首相の靖国神社訪問と関連付けられて,SNSなどで批判された。また、彼女の芸能プロダクション所属の男優が日本の靖国神社や乃木神社を訪れ、記念撮影したことがあっで、ネットでたたかれていた。そういう「親日的」態度が問題になったという説もあるが、これはかなり前の話であり、今回の”封殺”と結び付けるには無理がある。

となると、彼女の高収入や交友関係に絡んだことではないかとの見方が出てくるのは自然であろう。趙さんはネット通販大手企業「アリババ集団」オーナーの馬雲(ジャック・マー)氏や杭州の経済人とも親しかった。蓄財の指南を受けていたという説もあり、最近は、俳優業よりむしろ投資家として名をはせていた。米国の有名な投資家ウォーレン・バフェット氏の名をもじって、別名「中国の女性版バフェット」とも呼ばれているほど。馬雲氏は、政府の金融政策を批判し、当局からアリババの金融関連企業「アント・グループ」の海外株式市場上場を阻止され、自身も現在軟禁状態に置かれている状態だ。そのため、多くの観測筋は「今回の趙薇への圧力は芸能活動と関係なく、政商の腐敗事件に巻き込まれたためではないか」と見ている。

夫の黄有龍氏も謎多き人物である。趙薇さんと同い年で、湖北省武漢の農村出身。若い時にさまざまな職業に就いた後、のちに党規違反で失脚する許宗衡深圳市長のお抱え運転手となった。その後、怪しげな投資会社を運営したりして蓄財し、2011年に許元市長が死刑判決(執行猶予2年)を受けると、シンガポールに逃亡し、しばらく帰国しなかった。一説には、黄氏は許氏の海外資産の管理人となり、それを運用して資産を膨らませたとも言われる。黄氏も妻同様アリババ集団との関係が深く、馬雲氏が海外出張した際には同行したり、黄氏の父親の「80歳を祝う会」に馬氏が出席したりしていた。黄有龍、趙薇夫妻はアリババの関連企業「アリババ影業(映画)集団」の株を31億香港ドル投入して買い進め、一時9・18%を保持して第2株主になっていた。

当局の封殺を受けて、趙薇さんはどうしたか。8月下旬、電話が通じないので俳優仲間が心配していたが、しばらくして趙さんの友人らしい人がSNS上に文章を書き込み、消息が判明した。それによると、趙さんは中国を脱出してチャーター機でフランスに向かい、8月27日午前2時すぎ、ボルドー空港に到着した。友人の出迎えを受けて、乗用車に乗り込み、一路同市郊外のワイン工場へ向かい、現在そこに滞在しているという。実は、韓国のアイドルグループ「EXO」にも属していたことがある中国系カナダ人の歌手、呉亦凡(ウー・イーファン)さんが8月初め、未成年女性への性的暴行という疑いをかけられ、中国当局に逮捕されたが、この事件の関連で趙薇さんも調べられた。どういう関連か分からないが、本人にも司直の手が及ぶ恐れもあると見て、趙さんは早くから国外脱出の準備をしていたようだ。いずれにせよ、中国の今の体制が続く限り、趙薇さん夫妻の中国帰国は難しくなった。

<鄭爽、高暁松らも槍玉に>
当局の圧力は、趙薇さんだけでなく、人気女優の鄭爽さんにも及んだ。遼寧省瀋陽出身で、今年30歳。2019年にテレビドラマ「倩女幽魂」で主役を務め、高い評価を受けた。上海市税務局は8月27日、税収徴収管理法、所得税法などに違反したとして、鄭さんに対し滞納金も含めて2億9900万元の罰金を支払うよう命じたのだ。米華人系ニュースサイトによれば、自身が経営する会社は「倩女幽魂」への出演料として4800万元を得ていたが、実際は裏取引もあって、彼女が実質経営する関係企業に番組スポンサー企業から1億800万元出資させる形で裏の報酬を受けていたという。中国芸能界では今、出演料が抑えられているので、人気俳優であればあるほど、こうした別口の“特別支給”があるようだ。

実は、同じような女優への脱税摘発事件は3年前にもあった。これも著名な女優の範氷氷さんが3カ月間、消息不明となったのだが、のちに、この期間に当局の隔離審査を受けていたことが分かった。範さんは山東省青島生まれで、今年40歳。国内で数多くの映画作品に出た後、日中合作映画の「墨攻」やハリウッド映画「X−MEN」シリーズにも出演して、世界的に名が知られた。摘発のきっかけは、中央電視台の関係者が、範さんへの裏報酬に絡む契約を暴露したためで、2018年、税務当局が調査に乗り出した。米国との契約でも裏契約をし、多額の脱税をしていたことが発覚し、結局、重加算税を含めて8億8000万元の罰金を支払うはめになった。この脱税事件により、今、範さんは女優業ができず、美容ブランドを立ち上げ、洋服、化粧品、日用雑貨を販売するビジネスに転じている。不本意な人生であろう。

ネットでは鄭爽さんについて、「範氷氷のケースをどうして他山の石にしなかったのか」との疑問の声が出された。だが、どうやら国内での裏契約は一般的であり、その後も続いていたもようだ。このため、鄭爽さんや所属事務所は「範氷氷は米国の映画会社と裏契約を結んだから」と、範事件を米中対立の中での特別なケースとしてとらえ、高を括っていた感があったようだ。鄭爽さんの以前のボーイフレンド張恒氏も脱税を手助けしたということで調査対象になっている。摘発後、鄭さんの「ウェイボー」アカウントは閉鎖されたが、インスタグラムは残っており、彼女はここからファン向けに「悲しまないで。私は素晴らしいことへの追求を簡単に放棄することはない。私はずっと居るし、創造のために存在し続ける」と強気なメッセージを送った。だが、芸能界における彼女の居場所は当面ない。

人気司会者で作曲家、音楽プロデューサーでもある高暁松氏も批判された。湖北省作家協会のメンバー、李光満氏が8月27日に「観察者網」サイトのコラムに、「だれでも感じることができる、今一つの深刻な変革が進行中である」という意味深長な文章を掲載、その中で、高暁松氏について「ネットやテレビで歴史を歪め、米国を賛美し、屈服し、彼の熱心なファンを動揺させてしまった」「高暁松氏は政治と結びついて金儲けに走った」などと批判した。李氏の文章は直に人民網、新華網、光明日報など複数の共産党系メディアに転載された。ということは、彼の見解が党中央の立場に近いことを示しており、高氏の今後の活動はかなり制限されることを意味する。高氏も実は、アリババ・エンターメント戦略委員会の会長を務めるなど、黄有龍、趙薇夫妻と同様にアリババ集団や馬氏との関係が深かった。